軽貨物事業のメリット・デメリット

軽貨物事業の良いところは以下の項目に要約できます。

  1. 定年が無い。70歳過ぎても現役で頑張れる。
  2. 人間関係に気を配る部分が必要最低限。
  3. 頑張れば頑張った分だけ報酬につながる。

 

逆につらい部分は以下の項目になります。

  1. 休みを取りずらい。
  2. 重たい荷物を運ぶ時は肉体的につらいと感じる。
  3. 事故を起こしたときに周りに迷惑をかける。

やはりどんな仕事にもいい部分と悪い部分があります。

 

軽貨物業界がすごいと感じること

軽貨物業界のすごいと感じるところは、若い人が独立すると会社をどんどん大きくしていき5年、10年で社員数100人、年商5億円超と急速に成長していくことです。今の日本ではこれほど成長する会社が多い業界は珍しいとしか言いようがありません。若くて成功している社長の経歴を拝見するとやはり多いのは「佐川」「ヤマト」でドライバーを経験して独立し、自分の出身会社の下請けからスタートした方が多いような気がします。ヒップスタイル社の平田社長などが典型ですが中には千葉県のShake herrt社の伊藤社長のように一度も配送業を経験せずに開業している方もいます。

成功している社長たちの共通点

成功している社長たちのお話を聞いていて全員に共通していることがあります。それは働くことが生きがいで寝る時間を惜しんで仕事に打ち込んでいることです。そして、クライアントの期待を裏切らないことをモットーに死ぬような努力を通して次の仕事につなげていきます。
現在、軽貨物業界の巨人と言われるのはSBSホールディングス社長の鎌田社長ですがこの方の働き方もものすごいものと噂で聞いています。

サイトマップ

トップへ戻る