横浜で軽貨物 黒ナンバー取得ならタクト行政書士事務所

黒ナンバー(軽貨物運送)とは、軽貨物自動車を使用して貨物の輸送を行う運送業のことで、正しくは「貨物軽自動車運送事業」と言います。
貨物軽自動運送事業は、貨物自動車運送事業法という法律の第2条で他人の需要に応じ、有償で、三輪以上の軽自動車および二輪の自動車を使用して貨物を運送する事業と定義されています。

 

簡単に言うと、軽貨物自動車または125t以上のバイクで運賃をもらって貨物を運ぶ事業と言えます。黒ナンバーによる運送業は、小資本で一人から開業できるのが大きな魅力です。また、黒ナンバー運送業は緑ナンバー(一般貨物自動車運送事業)や貨物利用運送業の許可に比べて簡単なのが特徴です。
料金設定 手続きの流れ紹介画像

軽貨物運送事業開業の流れ

運輸支局での手続き
まず、軽貨物運送業を始めるためには、各地域の所轄の運輸支局で開業のための手続きを行い、軽貨物事業者としての届け出をする必要があります。 所轄の運輸支局において、必要な書類を用意し、届け出を行います。

 

軽自動車検査協会での手続きに必要な書類は、貨物軽自動車運送事業経営届出書(提出用、控え用)、 運賃料金表(提出用、控え用)、事業用自動車等連絡書、使用する車両の車検証(コピーでも良い)新車の場合は車台番号がわかるもの、を持参します。

 

受理された後は、併設された軽自動車検査協会での手続きへと進みます。

 

軽自動車検査協会での手続き
運輸支局で手続きを受けた後は、軽自動車検査協会でナンバープレートの発行を受けることになります。 軽自動車検査協会は運輸支局に併設されるケースが多いのですが、地域によってはまったく別の場所にある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

そこでは、運輸支局で発行された事業用自動車等連絡書を持参し、軽貨物運送業で仕事を始めるために必要な営業ナンバー(黒ナンバー)を発行してもらうことになります。すでに黒ナンバーの軽貨物車を利用、あるいは譲り受けて起業する場合は、事前に名義変更のための手続きが必要となります。


事務所代表  山本泰治 

  • 学卒後 日本長期信用銀行の子会社ノンバンクに入社
  • 金融業務を中心に債権回収、不動産売買、ビル管理部門に在籍
  • 平成15年 行政書士試験合格 在留資格関連の業務に従事
  • 平成27年 株式会社タクト役員就任  行政書士再登録
  • 法人設立 建設業許可 相続 不動産売却などの業務を中心に活動

                 (不動産売買 賃貸管理 株式会社タクト
                    行政書士登録番号 第15092309号

 

サイトマップ

更新履歴
トップへ戻る